渡航先のビザや渡航認証を迅速丁寧に手配!長期旅行保険もおまかせください!

アメリカ観光B2ビザ申請代行について

アメリカ非移民ビザ・観光B2ビザ申請代行について~ESTA認証拒否でもアメリカ渡航の道は残されています

アメリカ国旗
このページでは、日本国籍渡航者が、アメリカ観光B2ビザを申請する際に必要費用、書類について説明します。

※ビザ発給は領事判断です。

1.アメリカB2ビザの渡航目的、滞在可能日数、ビザの有効期間

滞在目的

観光、知人・親族訪問、音楽・スポーツなどイベントへのアマチュア参加、会議、集会への参加、アメリカでの治療等

滞在可能日数

アメリカ入国審査時、入国審査官が決定する。
アメリカ入国後の滞在期間延長は、延長理由にもよるが、認められれば最長6ヶ月間まで可能

ビザの有効期間

領事の判断によりますが、数カ月から10年間となります。
仮に10年間の有効期間で取得できると、入国審査官が認めれば、その間何回でもアメリカの入出国を繰り返すことができます。(マルチプルエントリー)

2.代行料

申請内容代行料(実費USD160込み)手配内容
日本国籍申請者
観光B2ビザ/普通申請35,000円■下記書類を7日営業日以内に作成します。
■弊社でお客様にかわって作成・決済しお渡しする書類
1.オンライン申請書DS-160
2.申請料支払い領収証
3.面接予約確認書  ※面接免除申請者は郵送用確認書
4.クリアファイル
※消費税別
観光B2/緊急申請45,000円■下記書類を2日営業日以内に作成します。
■弊社でお客様にかわって作成・決済しお渡しする書類
1.オンライン申請書DS-160
2.申請料支払い領収証
3.面接予約確認書  ※面接免除申請者は郵送用確認書
4.クリアファイル
※消費税別
外国国籍申請者
観光B2ビザ/普通申請40,000円■下記書類を7日営業日以内に作成します。
■弊社でお客様にかわって作成・決済しお渡しする書類
1.オンライン申請書DS-160
2.申請料支払い領収証
3.面接予約確認書  ※面接免除申請者は郵送用確認書
4.クリアファイル
※消費税別
観光B2/緊急申請50,000円■下記書類を2日営業日以内に作成します。
■弊社でお客様にかわって作成・決済しお渡しする書類
1.オンライン申請書DS-160
2.申請料支払い領収証
3.面接予約確認書  ※面接免除申請者は郵送用確認書
4.クリアファイル
※消費税別

3.取得所要日数

申請から2~3週間かかります。
※面接を終えてから1~2週間後にパスポートが返却されます。
ただし、6週間を要することもありますから、なるべく余裕を持って申請手続きを開始してください。
※弊社の緊急申請では、まれに最短6日間で手続きできたケースもあります。

4.必要書類

4-1.お客様が弊社へ送付いただく書類

1.アメリカビザ申請代行お伺い書 
※クリックするとお伺い書(PDF)をダウンロードできます
2.パスポート顔写真ページのコピー
3.証明写真

撮影方法

サイズ 5cmX5cm
枚数  1枚
カラー写真    ※白黒は不可
背景は白     ※色付き背景は不可
6ヶ月以内に撮影されたもの
顎から頭頂まで25~35mmで顔写真中央に正面を向き撮影されていること
眼鏡をはずして撮影すること
反射や影がないこと

4.希望する面接予定日・・・あくまでもご希望として受付いたします

4-2.送付いただいた書類に基づき弊社で作成するもの

    1. DS-160確認ページ
  • 申請料の支払い領収証、または、支払い受付番号記載書面
  • 面接予約確認書

 

これら3つの書面をクリアファイルにまとめ受け渡しします。

4-3.面接時にお持ちいただくもの

追加書類で公文書以外は、すべて英訳されていることが必要です。

お勤めになられている方

1.上記4-2の書類
2.現在有効なパスポートと過去10年間に発行された古いパスポート
3.収入や財産を証明する書類
直近3ヶ月分の給与明細、銀行残高証明書、納税証明書、事業所有権など
4.在職証明書
(会社員)勤続年数、職位、給与、休暇許可などを明記する
(会社役員・個人事業主)勤続年数、役職、報酬を明記する
5.旅程表やEチケット
アメリカ滞在が短期であり、アメリカを出国することが明記されているもの。
6.【該当する場合】犯罪歴や刑事の裁判歴がある方
判決謄本 公文書ですが英訳が必要です。

7.【該当する場合】知人・親戚訪問の場合
知人・親族のアメリカでの滞在資格を証明する書類。ビザ、グリーンカード、帰化証明など
8.【該当する場合】修学旅行や研修旅行
学校からの参加証明書や参加者のネームリスト
9.【該当する場合】治療目的の場合
医師の診断書
病院からの治療の期間、治療費見積もり
治療費や滞在費用を個人または組織が保証できる旨の確約書
10.【該当する場合】過去にアメリカ渡航歴がある場合
その時の渡航資格を証明する書類(エスタやビザなど)

学生や専業主婦

1.上記4-2の書類
2.現在有効なパスポートと過去10年間に発行された古いパスポート
3.収入や財産を証明する書類(家族の財産で所有名義人のもの)
直近3ヶ月間の給与明細、銀行預金残高証明書、納税証明書、事業所有権など
4.戸籍謄本(上記「収入や財産を証明する書類」の名義人との繋がりを証明する必要があります)
5.旅程表やEチケット
アメリカ滞在が短期であり、アメリカを出国することが明記されているもの。
4.【学生の場合】成績証明書
直近の成績証明書、学位/卒業証書
5.旅程表やEチケット
アメリカ滞在が短期であり、アメリカを出国すること明記されているもの。
6.【【該当する場合】犯罪歴や刑事の裁判歴がある方
判決謄本 ※公文書ですが英訳が必要です。
※判決謄本は、裁判を行った裁判所へ請求します。
7.【該当する場合】知人・親戚訪問の場合
知人・親族のアメリカでの滞在資格を証明する書類。ビザ、グリーンカード、帰化証明など
8.【該当する場合】修学旅行や研修旅行
学校からの参加証明書や参加者のネームリスト
9.【該当する場合】治療目的の場合
医師の診断書
病院からの治療の期間、治療費見積もり
治療費や滞在費用を個人または組織が保証できる旨の確約書
10.【該当する場合】過去にアメリカ渡航歴がある場合
その時の渡航資格を証明する書類(エスタやビザなど)

5.面接では

面接官は、非移民ビザ申請者に対し移民の可能性を100%として質問します。
ですから、申請者は100%移民の意志はないとして返答しなければなりません。
少しでも移民性を疑われると、ビザ発給は困難となるでしょう。

非移民ビザ不許可の多くは米国移民国籍法214条b項に基づき却下されます。

214(b)とは: 全ての外国人は、米国領事に、また入国審査時に、非移民としての資格があることを納得させるだけの十分な証明がなされるまで、移民の意志があると仮定される...

※13歳以下、80才以上の申請者は面接不要です。

ESTA申請代行手続きのご案内

当社では、ESTA申請の代行手続きを取り扱いしております。お気軽にお申込みください。
estaフォームお伺い書 estaFAX郵送お伺い書
お電話(聞き取り)でのお申込みもできます!また、ご家族用(同一世帯)のお申込み用紙もございますので、ご希望は03-5842-8896ビジターズ・サービス部までご連絡ください!

関連ページ

 

行き方指南!シティコネクト TEL 03-5842-8896 受付時間【月-金】10:00-20:00【土】10:00-15:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

ビジターズ・サービス部から

短期・長期の海外旅行保険

HS損保の海外旅行保険

日本国内線

ヨーロッパ鉄道旅行

留学・ワーホリ・海外赴任向け

海外渡航を賢く計画!

価格満足度No1
DMMmobile
PAGETOP