渡航先のビザや渡航認証を迅速丁寧に手配!行き方指南!シティコネクト

アメリカ商用B1ビザ申請代行について


目次

アメリカ非移民ビザ・商用B1ビザ申請代行について~ESTA認証拒否でもアメリカ渡航の道は残されています

アメリカ国旗
このページでは、アメリカ商用B1ビザを申請する際に必要な書類や費用について説明します。
アメリカビザ申請は、他の国のビザ申請に比べて非常に厳しい審査がありますが、

  1. 申請者の略歴、背景の正確で詳しい申告
  2. その申告内容を裏付ける適切な補足書類の提出
  3. 面接でのスムーズな応対

により、承認の可能性が大幅に高まります。

1.アメリカ商用B1ビザを申請しなければならない方

国籍を問わず、アメリカビザ免除プログラムに基づくESTAでのアメリカ渡航ができない人

2.アメリカ商用B1ビザの渡航目的、連続滞在日数、ビザ有効期間、入出国回数

2-1.アメリカ渡航目的

商用 
※アメリカを源泉とする報酬、給与を得ないこと

2-2.アメリカでの連続滞在日数

アメリカでの滞在期間は、アメリカ入国審査時、入国審査官が決定しますが、問題なければ6ヶ月間の連続滞在が認められるでしょう。

2-3.アメリカ商用B1ビザの有効期間

領事の判断によりますが、数カ月から10年間となります。

2-4.アメリカの入出国回数

1回のみアメリカ入国が許可されるシングルエントリー、または、アメリカ入出国の回数に制限のないマルチプルエントリーで発給されています。
※ESTA間違いによる日本国籍申請者に発給されるビザは、10年間有効マルチプルエントリーとなることが多いです。

3.アメリカ商用B1ビザの申請代行料

申請内容代行料(実費USD160込み)手配内容
商用B1ビザ35,000円弊社でお客様にかわって作成・決済しお渡しする書類
1.オンライン申請書DS-160
2.申請料支払い領収証
3.面接予約確認書  ※面接免除申請者は郵送用確認書
4.クリアファイル
※消費税別

4.アメリカ商用B1ビザの取得所要日数

手続き開始からビザ付パスポートが手元に届くまで2~3週間かかります。
この所要日数は、面接の空き状況や補足書類の収集・作成の進捗状況により大幅に変動します。
弊社では、最短6日間でビザ発給までの手続きを完了したことがあります。

5.アメリカ商用B1ビザの必要書類

必要書類は、弊社に提出いただく書類と面接までに揃える書類があります。

5-1.弊社に提出いただく書類~DS160申請書作成のために

5-1-1.DS160アメリカビザ申請書作成のためのお伺い書

まず最初に、弊社で電子申請書を作成しますので、下のボタンからお伺い書(PDF)を印刷、または、ダウンロードし、ご記入の上、弊社へご提出ください。
アメリカビザ申請お伺い書ボタン

※お伺い書作成上の注意点
  1. 真実に基づき、正確で詳しい内容を申告してください。
  2. これまでのアメリカ渡航に関すること、アメリカ国内で発行した運転免許証やソーシャルセキュリティーなどがある場合、漏れなくすべて申告してください。
5-1-2.パスポート顔写真ページのコピー

パスポートの顔写真ページ(生体ページ、Biographical Page、Bio-Data Page)のコピーを、FAX、郵送、メールなどで提出してください。

5-1-3.証明写真

アメリカビザ申請時の証明写真は、撮影方法に下記のような厳密な規定があります。
規定外の写真を提出すると、それ自体却下の理由となる場合がありますのでご注意ください。

  • サイズ;5cmX5cm
  • 枚数;1枚
  • カラー写真※白黒は不可
  • 背景は白※色付き背景は不可
  • 6ヶ月以内に撮影されたもの
  • 顎から頭頂まで25~35mmで顔写真中央に正面を向き撮影されていること
  • 眼鏡をはずして撮影すること
  • 反射や影がないこと
  • 前髪で眉毛や目が隠れていないこと
  • 笑顔は不可
アメリカビザ証明写真撮影方法 画像

アメリカビザ証明写真撮影方法

5-2.弊社で作成し、お客様に提出する書類

上記書類により次の3つの書類を作成し、面接日前日までに、店頭、郵送、メールなどの手段により受け渡しいたします。

  • アメリカ商用B1ビザDS-160確認ページ
  • ビザ申請料の支払い領収証、または、支払い受付番号記載書面
  • 面接予約確認書

これら3つの書面をクリアファイルにまとめ受け渡しします。

5-3.アメリカビザ面接までにご用意いただく補足書類

申請者ご本人で用意いただく補足書類一覧です。
大使館へ提出する補足書類は、申請者の背景や現在の状況により異なりますので、弊社担当者から書類収集のアドバイスをいたします。
※一部の公文書を除き、補足書類はすべて英語翻訳されていることが必要です。
※英語翻訳にかかる費用は、申請代行料に含まれておりません。
英語翻訳をご希望いただく場合は、別途見積もりいたします。

5-3-1.上記5-2の書類
5-3-2.現在有効なパスポートと過去10年間に発行された古いパスポート
5-3-3.収入や財産を証明する書類

直近3ヶ月間の給与明細、銀行残高証明書、納税証明書、確定申告書、事業所有権など

5-3-4.在職証明書、会社登記簿謄本など

a.在職証明書の場合
(会社員)勤続年数、職位、給与などを明記すること
(会社役員・個人事業主)勤続年数、役職、報酬などを明記すること
b.会社登記簿謄本の場合
会社役員として氏名が明記されていること

5-3-5.旅程表やEチケット

アメリカ滞在が短期であり、アメリカを出国することが明記されているもの。

5-3-6.【該当する場合】犯罪歴や刑事の裁判歴がある方

判決謄本 公文書ですが英訳が必要です。
判決謄本は、裁判を行った裁判所へ請求します。

5-3-7.【該当する場合】ボランティアの場合

アメリカ側スポンサーからの手紙
※姓名、生年月日、出生地、米国外居住地の住所、アメリカでの最初の宿泊先所在地、渡航期間を明記すること

5-3-8.【該当する場合】医学研修

学校からの参加証明書や参加者のネームリスト

5-3-9.【該当する場合】化学技術関連会議への出席者

履歴書
申請者の出版物がある場合はそのすべてのリスト
学校からの許可通知や手紙

5-3-10.【該当する場合】過去にアメリカ渡航歴がある場合

その時の渡航資格を証明する書類(エスタやビザなど)

6.面接では

面接官は、非移民ビザ申請者に対し、移民の可能性を100%として質問します。
ですから、申請者は100%移民の意志はないとして返答しなければなりません。
少しでも移民性を疑われると、ビザ発給は困難となるでしょう。

7.ESTA申請代行手続きのご案内

当社では、ESTA申請の代行手続きを取り扱いしております。お気軽にお申込みください。
estaフォームお伺い書 estaFAX郵送お伺い書
お電話(聞き取り)でのお申込みもできます!また、ご家族用(同一世帯)のお申込み用紙もございますので、ご希望は03-5842-8896ビジターズ・サービス部までご連絡ください!

関連ページ

渡航先の出入国情報、ビザ・渡航認証申請代行サービス

海外渡航をよりスムーズに! TEL 03-5842-8896 受付時間【月-金】10:00-19:00【土】10:00-15:00

ビジターズ・サービス部から

日本国内線

ヨーロッパ鉄道旅行

留学・ワーホリ・海外赴任向け

海外渡航を賢く計画!

価格満足度No1
PAGETOP
Copyright © インソリューションズ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.