海外旅行をするのに最低限必要なものといえば、
皆様ご存知「パスポート」ですね。

パスポートの取得や更新の仕方は、各都道府県旅券課などで
詳しく案内がありますが、あまり詳しく案内されていないのが
「パスポートの名前表記」です。

ヘボン式云々というウンチク話はほかのサイトに任せるとして、
突然ですが私の友人に「小笠原くん」(仮名)という男がおります。

この小笠原くん(仮名)、初めてパスポートを取得する際に、
「OGAWAHARA」という表記でパスポートを作りました。
パスポートを作ったあと1回海外旅行に行きましたが、
その後は忙しくなかなか海外旅行にゆく機会がありませんでした。

そんな彼が、少し仕事に余裕ができた頃、親孝行ということで
両親を連れて海外に行くことを思い立ちました。

まず、ご両親のパスポート取得と本人のパスポートの
再取得をしようとパスポートを申請したところ、ご両親のお名前は
「OGASAWARA」表記で取得出来ましたが、本人は以前取得済みの
パスポートの表記に基づき「OGASAHARA」表記でないと
パスポートが取得できなくなってしまったということです。

このためその後の航空券予約・ホテル手配の氏名は
ご両親が「OGASAWARA」、本人は「OGASAHARA」表記という
家族なのに違った表記で予約をすることになってしまいました。

この小笠原くん(仮名)は、航空券やホテルの予約をする前に
パスポートの内容が確認できましたので、幸い旅行に行けなくなることは
ありませんでしたが、もし先に航空券やホテル手配をした後に
パスポートを申請に行ったらことによると大変なことになったかもしれません。

このようにパスポートのお名前(ローマ字表記)は結構大事です。
パスポートを初めて申請する際は気をつけてくださいね。

SO